季節の行事

七夕の由来と意味|子どもに聞かれて困らないために知っておくべきこと

七夕ってなぁに?

「織姫と彦星も短冊をかくの?」

子どもは保育園や小学校で七夕について、先生からお話を聞いても、忘れてしまったり、また疑問に思ったことを、家に帰ってあらためて親に聞いてくることがあると思います。

親である私たち自身も、七夕について聞いたのは子どもの頃で、織姫と彦星のお話くらいしか記憶になかったり、それもうろ覚えだったりします。

この記事では、子どもに教えてあげる前に、親であるあなたが七夕についておさらいできるように七夕の由来や意味をまとめてみました。

古代中国からいつ伝わり、どのように日本の風習へと変化していったのか、現在に至るまでの七夕の歴史を紐解いてみたいと思います。

織姫と彦星の伝説

ねこすすさんによるイラストACからのイラスト

七夕は中国の伝説や行事、日本の神話など諸説が合わさってできたと言われています。

そのうちのひとつがまず、コレ。

織姫(織女星)と彦星(牽牛星)の伝説です。

天帝(古代中国の神)の娘の織姫は、機織りがとても上手でした。

天の川のを挟んだ先に住んでいる彦星は、とても働き者の牛飼いでした。

2人は出会い、結婚して仲良く暮らしていましたが、仕事をしなくなってしまいました。

このことに怒った天帝は、2人を天の川をはさんで引き離し、それからは1年間きちんと働いたら年に1度、7月7日の夜だけ天の川を渡って会うことを許しました。

このロマンチックな伝説は、織姫(織女星)はこと座の1等星のベガを表し、彦星(牽牛星)はわし座のアルタイルを表すのですが、この2つの星が、天の川をはさんで最も輝く日が7月7日であることから作られたといわれています。

中国の乞巧奠(きっこうでん)が七夕(しちせき)に

先ほどのロマンチックな伝説とは別に、古代中国には「乞巧奠(きっこうでん)」という行事がありました。

「乞巧奠(きっこうでん)」は、女性がくだものを星に供え、7本の針に5色(赤・青・黄・黒・白)の糸を通して裁縫や手芸の上達を願う行事です。

この行事は、もともと日を決めて行う行事ではなかったのですが、機織りの上手な織姫にあやかり、7月7日の節句に行われるようになったといわれています。

また、7月7日の夕方から行われることから「七夕(しちせき)」と呼ばれました。

七夕(しちせき)から七夕(たなばた)へ

「七夕(しちせき)」が日本に伝わったのは奈良時代のことで、貴族の行事としておこなわれるようになりました。

庭に祭壇を作り、海の幸と山の幸を並べて、木の葉に和歌を書いて竹竿に吊るして、裁縫や詩歌・音楽などの技芸の上達を願ったといわれています。

奈良時代に作られた「古事記」には、神様に美しい衣を作るために水辺で機織りをする乙女「棚機津姫(たなばたつめ)」の神話について記されています。

この「棚機津姫(たなばたつめ)」と機を織る織姫が重なり、日本では「七夕(しちせき)」から「七夕(たなばた)」と呼ばれるようになったそうです。

江戸時代に庶民に広まり現在の形へ

奈良時代には貴族の行事だった七夕は、江戸時代のはじめに徳川幕府が、七夕を含む五節句を式日(特定の行事を行うことを定めた日)とし、武士の間に広まりました。

その後17世紀末頃から、寺子屋(今でいう学習塾みたいなもの)が増え、習字や習い事の上達を願う行事として、庶民の間にも広まりました。

江戸時代の七夕は、現代の七夕とほぼ変わりなく同じやり方です。

まず、願い事を書いた5色の短冊を笹に飾り、その他に5色の紙を細く切ってた吹き流しや、紙衣(かみこ)や紙細工の小さな扇を作って飾っていました。

5色は七夕のもとになった「乞巧奠(きっこうでん)」の5色の糸に由来します。

また、紙衣(かみこ)とは、色紙を着物の形に切ったもので、裁縫の上達を願う意味と、自分の身代わりとして災いを紙衣に移すという意味があり、扇は技芸の上達を願う意味が込められていました。

現在でも、願いを書いた短冊を笹に飾ったり、いろいろな七夕飾りをつくるのは江戸時代と変わりませんね。

七夕は五節句のひとつ

現在、日本では七夕の行事を「五節句」のひとつとして、願い事を書いた短冊を笹の枝につるし星を供え、願いが叶うようにお祈りをします。

節句とは、季節の変わり目のことを指し、特に大事な5つの節句を「五節句」と呼びます。

3月3日の桃の節句や、5月5日の端午の節句は有名ですよね。

七夕も「七夕(しちせき)の節句」と呼ばれて、桃の節句や端午の節句と同じように昔からある日本の風習なんです。

七夕は日本と中国の神事が重なってできた節句

七夕の由来には、日本と中国の神話や伝説、そして行事が関係していることがわかりましたね。

  • 「七夕」は中国の「乞巧奠(きっこうでん)」という行事に由来していること。
  • それが奈良時代に日本に伝わり、日本の「棚機津姫(たなばたつめ)」の神話から、「たなばた」という読み方に変わったこと。

長々と記事を書いてきましたが、要約するとこんな感じになります。

 

あなたが七夕の由来について理解していれば、子供の「なんで?」「どうして?」攻撃を受け止めることができるはず!あとは愛情をかけて子供にお話ししてあげてくださいね。

今年の七夕が楽しいものになるとよいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。