季節の行事

七夕飾りについて|種類や意味、川に流す七夕送りまで詳しく解説

笹竹に飾る七夕飾りには、願い事を書く短冊をはじめ、ほかにもたくさんありますよね。

ちょうちんやら、網飾りやら、現在ではその七夕飾りを折り紙で作ったりするわけですが、子どもに「これ、なぁに?」と聞かれた時に困ってしまったりすることも…。

そんなときのために種類や意味についてまとめてみました。

また、川に流す「七夕送り」と呼ばれる行事についても綴っていますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

七夕飾りの意味と笹竹に飾る理由

七夕は、織姫と彦星の伝説をもとに、古代中国の「乞巧奠(きっこうでん)」という裁縫や手芸の上達を願う行事が生まれ、日本の「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説などが結びつき、長い時の流れを経て、現在のようなかたちになりました。

由来を詳しくおさらいするならコチラ
↓ ↓ ↓

七夕の由来と意味|子どもに聞かれて困らないために知っておくべきこと「七夕ってなぁに?」 「織姫と彦星も短冊をかくの?」 子どもは保育園や小学校で七夕について、先生からお話を聞いても、忘れてし...

七夕飾り(笹竹飾り)は、神様に祈りや願い事をする行事を具現化したものを指し、「乞巧奠(きっこうでん)」の行事が由来となっています。

七夕飾りを飾るのに、なぜ笹竹なのかというと、

それは、昔の人が笹を神聖なものとして大事にしてきたからと言われています。

真冬でも青々として、まっすぐに伸びてしなやかな竹は、成長が早く、その姿から生命力が強くて神聖な力が宿っていると信じられていて、さまざな神事に使われていたそうです。

まっすぐとどこまでも伸びる竹の姿が、願いごとを叶えてくれる神様の元まで届くように見えたのでしょうね。

また、笹の葉には殺菌力がありますが、それが昔の人には魔除けの効果があるとされていたようです。

願いごとを短冊に書く風習は日本独自のもの

七夕は中国の「乞巧奠(きっこうでん)」の行事が由来と言われていますが、じつは願いごとを短冊に書くという風習は日本独自のものなんです。

乞巧奠は裁縫や手芸の上達を願う行事として、5色の糸を針に通しそれを供える風習がありました。

七夕が日本に伝わった当初は同じように5色の糸を針に通してお供えしていましたが、やがて宮中行事として行われるようになると、5色の糸ではなく5色の絹布が使われるようになりました。

そして梶(クワ科の植物)の葉に和歌を書いて、詩歌や音楽、裁縫などの技芸の上達を願いました。

江戸時代になり、寺子屋が増えてくると、習字や習いごとの上達を願う行事として、庶民の間にも広がりました。

その際、高価な絹布の代わりに、色紙を使って願いごとを書いたことが、現在の短冊の形の始まりとなっています。

5色の短冊の意味と願いが叶う短冊の書き方

短冊の5色は、陰陽五行説に由来しており、「緑(青)」・「赤」・「黄」・「白」・「黒(紫)」を指し、5色それぞれ意味があります。

緑(青)=木 徳を積み、人間力を高める
赤=火 家族や、先祖への感謝の気持ち
黄=土 信頼、友人を大切にする
白=金 義務、ルールを守る
黒(紫)=水 学業の向上

短冊に願い事を書くときは、5色とその意味を理解して、願いごとを書くと良いとされています。

たとえば、義務やルールを守ることを意味する白の短冊なら「毎日早起きをします」とか、学業の向上を意味する黒(紫)の短冊なら「テストで100点を取ります」というように使いわけましょう。

また、願いごとは「~できますように」「~したい」と書くより、「~します」と断言して書くと叶うそうですよ。

陰陽五行説
陰と陽という正反対の2つの要素(陰陽説)と、五行説の木(もく)火(か)土(ど)金(ごん)水(すい)の5つの要素の組み合わせによって、天候や世の中の動きなど、ありとあらゆるものを説明するもの。

短冊以外の七夕飾り

短冊以外にも七夕飾りには種類があり、それぞれ飾りには意味が込められています。折り紙で作れるものばかりですので、七夕飾りの意味を考えながら、親子で準備しても楽しいですね。

吹き流し 織姫の糸をあらわしたもので5色の糸が使われていました。
織姫のように機織りの上達を願う意味が込められています。
網飾り 豊漁や祈り、魚をとる網をかたどって作っています。
幸せをたぐり寄せるという意味が込められています。
紙衣(かみこ) 紙で作った衣服の飾りで、裁縫の上達を願う意味が込められています。
紙衣を飾ると、生涯衣服に困らないと言われています。
巾着 財布をあらわし、金運上昇を願う意味が込められています。
菱飾り ひし形は星を意味し、星を繋げて天の川をあらわした飾りです。
5色で作ると魔除けになるとか。
屑籠 ゴミ箱をあらわし、飾りを作った際に出た紙くずを入れて飾ります。
整理整頓の意味と物を粗末にしないという意味が込められています。
提灯 みんなの心を明るく灯すという意味が込められています。
折り鶴 鶴は昔から長寿の象徴とされ、長寿を願う意味が込められています。
家族の中で一番年長者の歳の数の鶴を飾ると良いとされています。
星飾り 願いごとが空の星まで届きますようにと願う意味が込められています。
輪つなぎ 菱飾りと同じく、輪を星に見立て繋げることで天の川をあらわしています。

七夕飾りを川に流す「七夕送り」

 

昔は、七夕の翌日に、七夕飾りを川や海に流す「七夕送り」と呼ばれる風習がありました。

願いごとを書いた短冊や、願いを込めた飾りが天の川に流れ着くと、願いごとが叶うと信じられていたからです。また、紙衣は人の形をしていて「災いや厄などの身代わりになってくれる」と言われています。その紙衣を流すことで、お祓いの意味もありました。

また、七夕の翌日の旧暦7月8日は、旧暦7月13日から15日のお盆の準備を始める時期とも重なっていて、七夕送りには、水で身を清めて先祖の霊を迎えるという意味も込められていたそうです。

現在では、残念ながら、環境への影響や配慮もあり、七夕送りが行われる地域はごく一部となってしまったそうです。

七夕飾りの意味を考えながら親子で楽しむには

七夕飾りについて、短冊とその他の飾りの意味などをご紹介してみました。

保育園に通っている子どもなら、きっと保育園で七夕飾りを作ってくることと思います。

まず、ママが一足先におさらいをして、子どもが七夕飾りを持ち帰ったら、一緒に意味を確認しながら子どもとの時間を楽しんでください。

そして、お家でも短冊を一緒に書いて、天の川に願い事を届けて、楽しい七夕を過ごしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。