季節の行事

七夕の伝統的な料理について|七夕の夕飯メニューのアイデアもご紹介

子どもや家族と楽しく過ごしたい七夕。

せっかく七夕飾りを作ったんだから、食事も七夕の伝統的な料理で楽しみたいですよね。

そこで七夕の伝統的な料理について調べてみましたのでご紹介していきたいと思います。また、七夕の夕飯メニューのアイデアも綴っていますので、是非参考にして頂けたらと思います。

七夕の伝統料理がそうめんと言われている理由

七夕の伝統料理といえば、コレ。

そうめん」です。

平安時代には宮中で七夕にそうめんが食べられていたそうです。7月7日に食べると病気にならないと言われています。

織姫と彦星の七夕伝説に出てくる天の川を連想させ、お供え物にも使うことから、七夕にはおなじみの一品となりました。

最近では、ピンクやみどりなど、カラフルなそうめんが店頭に並んでいて、見た目でも楽しめますよね。

しかし、なぜ、七夕にそうめんを食べると病気にならないと言われたのでしょうか。

それでは次に、七夕にそうめんを食べるルーツを探っていくことにしましょう。

もともとの由来は索餅(さくべい)だった

じつは、昔は七夕の行事食は「索餅(さくべい)」という、小麦粉をこねて縄のように細長くねじって揚げたお菓子でした。

「七夕に索餅を食べると病気にならない」と言われ、七夕の行事食となったのは、中国の逸話が関係しています。

昔、中国の皇帝の子供が7月7日に亡くなり、その後病が流行してしまいました。皇帝が、厄除けのために子供の好物であった索餅をお供えすると、病の流行はおさまりました。このことから、「7月7日に索餅を食べると病気にならない」と言われ、七夕の伝統的な行事食となったと言われています。

日本では奈良時代に伝わり、「索餅(さくべい)」から「索麺(さくめん)」、そして「そうめん」と、長い年月をかけて変化していったと言われています。

昔は「七夕に食べると病気にならない」のは索餅でしたが、現在ではそれがそうめんに変わり風習として残っているのです。

昔、七夕に食べられていた「索餅(さくべい)」というお菓子。おうちでも簡単につくれるそうですよ。

いくつかレシピを調べてみましたので、お子さんのおやつに、またお子さんと一緒にぜひ作ってみてくださいね。

シンプルなそうめんを七夕仕様で鮮やかに

短冊にお願いごとを書いて、七夕飾りを作って飾ったら、次は夕飯ですね。

「七夕だからそうめん」っていう家庭も多いはず。

七夕のそうめんの食べ方には決まりは特にないとのことなので、普段はシンプルに食べているそうめんも、七夕仕様にしてみませんか?

ほんの少しの手間とアイデアで、七夕をもっと楽しいものにしちゃいましょう。

そうめんを天の川に見立てた盛り付けをする

茹であがったそうめんを、流れる川のように盛りつけてみましょう。細い麺が天の川に見えるかも!?エビや海苔、夏野菜などをトッピングするだけで、七夕パーティーにちょうどいいメニューが完成しちゃいます。

トッピングなら子供も簡単にお手伝いできるので、ぜひ一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

星型の飾りを添えて華やかさを演出

織姫と彦星の七夕伝説にちなんで、星をたくさんちりばめて子供も大人もテンションがあがる飾りつけはいかがでしょうか。

人参や卵、きゅうりやハムなどは、星の抜型を使って星の形にすると色映えもよくオススメです。

オクラは、茹でたらそのまま輪切りにすれば星の形になるので簡単ですね。

七夕の五色にちなんだ野菜を使うのもオススメ

五色野菜のジャージャーそうめんと称して、濃いめの味付けの肉みそに合う五色野菜を使ったメニューもオススメです。

赤⇒赤パプリカ
黄⇒黄パプリカ
緑⇒きゅうり
黒⇒なす
白⇒だいこん

この五色の野菜を使って作ってみましょう。

五色野菜のジャージャーそうめん (約4人分)

《材料》
五色野菜(上記参照) お好みの量
鶏ひき肉   200g
みりん    大さじ3
砂糖     大さじ2
みそ     150g
水      大さじ3

《作り方》

  1. 野菜は薄切りや細切りにして、なすは酢水につけて変色を防ぎます。
  2. 鍋に油を引き、鶏ひき肉をそぼろ状に炒めます。
  3. そこに、みりん → 砂糖 → みそ → 水 の順番に加えて煮立たせ、お好みの固さになったら肉みその完成です。
  4. お皿に茹でたそうめんと五色の野菜、出来上がった肉みそを盛ったらできあがり♪

濃いめの肉みそなので、野菜がたくさん食べられますよ。

いつものメニューを七夕らしくアレンジ

「そうめんじゃ味気ないからちょっと…」

「そうめんは好きじゃないから…」

という場合は、いつものメニューを七夕らしくアレンジしてみましょう。

先にもご紹介したように、七夕にちなんで、星の形のものを入れてあげたり、何かを短冊に見立てたりして飾ると、それだけでも七夕らしいメニューになると思います。

普段食べているカレーライスの野菜を星型にしたり、ハンバーグなら付け合わせの人参のソテーを星型にしたり、色々と試してみましょう。

オムライスの卵を普通に包むのではなく、大きめの短冊形に切ってライスの上に乗せて、その短冊にケチャップで願いごとを書くのも面白いですね。

食事をしながら、七夕の伝説や伝統について子どもとゆっくり話して、今年の七夕を楽しんでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。