家事

基本的な調味料の加える順番と持っていると便利な調味料

「料理のさしすせそ」

料理を始めたばかりの人でも、一度は聞いたことがある言葉だと思います。

調味料を入れる順番を語呂合わせで作った言葉ですね。

では、その「さしすせそ」がそれぞれ何を指しているのか、あなたは言えますか?

 

「さ」とう(砂糖)

「し」お(塩)

「す」(酢)

「せ」…しょうゆ(旧仮名「いゆ」より)

「そ」…み(味噌)

全部言えましたか?

「せ」の醤油なんて、ちょっとズルいですよね~(笑)

私は、「し」が醤油だと勘違いしていました(笑)

文字だけ見ると間違えやすいですが、「なぜその順番なのか」ということが理解できると、間違うことはなくなりました。

順番にもきちんと理由があるんですよ。

それでは、これからそれを説明していきましょう。

 

「料理のさしすせそ」の「さ」と「し」

砂糖と塩って、見た目も似てるし、順番なんてこだわらなくてもよさそうに見えますよね。

でも、ここ非常に大事ですよ。

科学的に言うと、砂糖と塩の分子の大きさを比べると砂糖の方が大きいんですね。小さい分子の塩を先に入れてしまうと大きい分子の砂糖は、塩が邪魔して食材に味が入っていかないんです。だから、砂糖を先に入れる必要があるんですよ。

また、塩は素材の水分を引き出して身を締める働きがあるので先に入れてしまうと、あとから砂糖を加えても甘味が浸透しにくいと言われています。

なので、煮物などは砂糖を入れて甘味を馴染ませてから、時間差で塩を入れるようにしてくださいね。

 

「料理のさしすせそ」の「す」と「せ」と「そ」

「す」「せ」「そ」の共通点。

あなたはわかりますか?

それは、酢も醤油も味噌も発酵調味料ということです。

発酵調味料の特徴はそれぞれ独特の風味がありますが、じつは加熱するとその風味を損ねてしまうので最後の方に入れます。

酢は早い段階で加熱すると酸味が飛んでまろやかになります。

もし、酸味が欲しい場合は、2回に分けて入れるといいですよ。

そして、最後に入れるべきなのは、醤油・味噌になります。

風味や香りを逃さないためです。

加熱しすぎるとせっかくの風味や香りが飛んでいってしまうので最後に入れるようにしましょう。

ただ、レシピによっては、必ずしも調味料を入れる順番が「さしすせそ」とは限りません。レシピを参考にして料理をする場合はレシピ通りに作る方が無難です。

また、調味料は、味付けだけではなく、素材を柔らかくするためや、アク抜きのためや、臭みをとるためなど、別の役割で使うことも多々ありますので、何の目的で何の調味料を使うのかをわかるようになると料理の腕前が上がりますよ。

「料理のさしすせそ」に含まれないみりんはどのタイミングでいれるの?

「料理のさしすせそ」にはなぜか含まれていないみりん

みりんは料理にとっては欠かせない大事な調味料のひとつです。

みりんは料理に照りを出したり、味のクセを和らげて食べやすくしたりする効果があります。

それでは、このみりんはどのタイミングで入れるのがベストなのかお話ししていきますね。

まず、みりんには「本みりん」と「みりん風調味料」と2種類あります。

何が違うの?って思いますよね。

私もはじめはわかりませんでした。

「みりん風調味料」は塩分や水あめ、うま味調味料などを混ぜて作ったものです。

それに対して、「本みりん」は塩分や水あめなどの添加物が入っていなくて、原材料を熟成させたことで出る自然のアミノ酸や糖分だけでできています。

ではどちらを使えばいいの?

って思いますよね。

「本みりん」は原材料を熟成させたことで出るいわば自然の調味料で、添加物が入っていないので安心感はありますよね。

「みりん風調味料」は「本みりん」と比べて安価であり使いやすいのがメリットです。

なので、どちらを使ってもいいと思います。

ただし、入れるタイミングがそれぞれ違うので、それだけ注意して使うようにしましょうね。

「本みりん」を使う場合は、「料理のさしすせそ」の「さ」砂糖の前に入れましょう。一番最初ですよ。

「みりん風調味料」を使う場合は、照りや風味を出すために最後に入れましょう。

レシピにのっている「みりん」が、「本みりん」なのか「みりん風調味料」なのかわからない場合は、入れる順番を見てどちらのみりんを使うか判断してもいいですね。

レシピに「照りを出すために…」と書かれていた場合は「みりん風調味料」を使いましょう。

 

自宅にあると便利な調味料いろいろ

これから自炊をするのにあたって、今までお話しした調味料以外にあると便利な調味料をご紹介していきます。

 

《おろししょうが・おろしにんにく》

チューブに入っていて安価で買う事が出来るしょうがとにんにくです。自分ですりおろす手間もないので安くて楽チンですね。

 

《めんつゆ》

これ1本あれば、そばやうどんなどのつけ汁やかけ汁、また親子丼などの丼もの、そして煮物にも簡単に使えます。2倍や3倍に薄めて使う希釈タイプがおすすめです。

 

《岩塩&ハーブ調味料》

我が家では、「クレイジーソルト」「クレイジーガーリック」「クレイジーバジル」を愛用しています。特に、「クレイジーソルト」はお肉料理にもお魚料理にも万能に使えるので1本あると大変便利で重宝しますよ。私は野菜スープにも隠し味的に使ったりしています。

 

《中華万能調味料》

我が家では缶に入ったペースト状の「創味シャンタン」を使っています。中華スープに、チャーハンに、野菜炒めにこれを使えば簡単に美味しく出来上がります。

 

《だしの素》

料理の都度、出汁からとるのは、自炊初心者にとってなかなかハードルが高く、何より毎日のこととなると大変ですよね。そんな時はだしの素を使ってだし汁を作っちゃいましょう。

 

まとめ

「料理のさしすせそ」覚えられましたか?

なぜこの順番なのかを理解できればおのずと覚えられると思います。

そして、それぞれの順番をきちんと守って使うことで調味料の効果を最大限に発揮することが出来て、美味しい料理が出来上がります。

また、ご紹介した調味料は、一人暮らしの簡単料理には欠かせないものばかりです。

毎日、手の込んだ料理を作るのはなかなか続けられるものではありません。

これらも活用して、程よい手抜き料理を覚えてくださいね。