季節の行事

お中元を贈る適切な時期|いつからいつまでなのかを地域ごとに解説

「お世話になったあの人へ日頃の感謝の気持ちを届けたい」

という日本の昔からの風習、行事のひとつに「お中元」があります。

百貨店やスーパーでは、5月下旬頃からお中元の贈答品が特設売り場に並び始めますが、お中元を贈るタイミングや時期がわからなくて困ることってありますよね。

そこで今回は、

「お中元はいつからいつまでに贈るのが適切なのか」

ここにスポットを当てて地域ごと解説していきたいと思います。また、万が一、お中元の時期を外してしまった場合の対処法なども合わせてご紹介していきたいと思います。

お中元を贈る時期は地域によって異なる

お中元というと、7月~8月頃に贈るものという認識がある人も多いと思います。実際に私もそうでした。

しかし、じつはお中元は、地域によって微妙に時期が違うんです。

比べてみると関東と関西で1カ月くらいのズレがあります。

関東⇒7月初旬~7月中旬(7月1日頃~7月15日頃)

関西⇒7月下旬~8月中旬(7月15日頃~8月15日頃)

期間をみても、関東は2週間程度の短い期間に対して、関西は1カ月間と期間の差もありますね。

関西から関東へお中元を贈る場合は、このズレや期間に注意が必要です。関西のお中元時期に合わせて関東へ贈ったら、関東のお中元の時期から外れてしまう場合があるということです。

日頃の感謝を伝えるためのお中元が、相手に失礼な形になるのは避けたいですよね。

そこで、各地域ごとにお中元の時期をまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

地域      時期
北海道 7月15日~8月15日
東北 7月1日~7月15日
北陸 7月1日~7月15日(石川県能登町は7月15日~8月15日)
関東 7月1日~7月15日
東海 7月15日~8月15日
関西 7月15日~8月15日
中国 7月15日~8月15日
四国 7月15日~8月15日
九州 8月1日~8月15日
沖縄 旧暦の7月13日~7月15日

昔はお中元は、手渡しで渡すことが多かったのですが、近年では百貨店やスーパー、あるいはインターネットを使って贈答品を手配し、配送業者による配達が増えています。

お中元シーズンは配達も混みあうため、日にちの指定ができないことも出てきます。確実に日にちを指定したいのであれば、早めの配送予約をおすすめします。

配送業者によるお中元の配達は、集中することを避けるために、6月15日頃から始まることもあり、最近では6月下旬と早めに贈ることも多くなっているそうです。

また、関東のお中元の時期に合わせているのか、全国的に時期が早まっている傾向にあるそうです。

お中元の時期が異なるのはお盆の時期が異なるから

各地域ごとにお中元の時期をまとめてみた結果、各地域で時期が異なるのがわかりますね。

特に沖縄はお中元の時期が3日間しかないことには驚きです。

このように、お中元の時期が異なるのは、各地域でお盆の時期が違うからなんです。

お中元はお盆までに贈るものとされていますが、このお盆の期間が地域によって異なっているため、お中元の時期も地域によって異なるのです。

お盆が異なっている主な理由としては、新暦と旧暦のどちらを基にするかということがあげられます。

昔からお盆は7月15日とされています。新暦を基にするとお盆は7月15日になり、旧暦を基にすると8月15日となります。このようにお盆の時期が違うためにお中元の時期が変わってくるのです。

お中元を贈る時期が過ぎてしまった場合の対処法

地域によってお中元の時期が違うことが原因で、また、つい忘れて贈りそびれてしまったりと、お中元を贈る時期が過ぎてしまうこともあることでしょう。

そんなときには、表書きを「御中元」から「暑中御見舞(暑中御伺)」または「残暑お御見舞(残暑御伺)」に変えることで解決できます。

暑中御見舞にするのか、残暑御見舞にするのかは、贈る時期によって変わるので注意しましょう。

暑中御見舞はお中元時期後から立秋まで

一般的に暑中御見舞の時期は梅雨明けから立秋の8月7日頃とされています。

お中元の時期が7月15日までの地域で、7月15日を過ぎてしまったら、立秋(8月7日頃)までであれば表書きを「暑中御見舞」に変えて贈りましょう。

残暑御見舞は立秋以降

「暑中御見舞」の時期も過ぎてしまい、立秋以降に贈る場合の表書きは「残暑御見舞」となります。

お中元の時期が7月15日までの地域は「御中元」⇒「暑中御見舞」⇒「残暑御見舞」
お中元の時期が8月15日までの地域は「御中元」⇒「残暑御見舞」となります。

地域ごとに分けると下記のようになります。

<東北・北陸・関東・沖縄>

7月1日~7月15日 ⇒ 御中元

7月16日~立秋   ⇒ 暑中御見舞・暑中御伺

立秋~8月31日   ⇒ 残暑御見舞・残暑御伺

 

<北海道・東海・関西・中国・四国・九州>

7月15日(九州は8月1日)~8月15日 ⇒ 御中元

8月16日~8月31日  ⇒残暑御見舞・残暑御伺

 

目上の人には「御見舞」ではなく「御伺」を使う

お中元の時期を逃してしまった場合に使える「暑中御見舞」と「残暑御見舞」の表書きですが、マナーとして注意して欲しい点があります。

それは、自分より目上の人に贈る場合です。贈る相手の年齢や関係性などを考えて熨斗(のし)を書きます。

この場合の表書きは、暑中御見舞や残暑御見舞の「御見舞」という文字を「御伺」に変えましょう。

見舞いという言葉は、目上の人が目下の人に使う言葉と言われています。目上の人に対して失礼のないようにしたいものですね。

先方や自分が喪中でも贈ってもいいの?

お中元やお歳暮は、そもそも日頃お世話になっている人への感謝を伝える手段のひとつであり、自分や相手が喪中でも贈っても問題ありません。

ただし、不幸の直後だったり、まだ相手の身辺が落ち着かないなどの時は、時期をずらして「暑中御見舞(御伺)」や「残暑御見舞(御伺」、または「寒中御見舞(御伺)」として贈るなどの配慮が必要です。

または、紅白の水引のついたのし紙ではなく、御中元や御歳暮と書かれた短冊をつけて、簡素化して贈りましょう。

 

お中元は、日頃からお世話になっている人へ感謝の気持ちを伝えるとともに、暑中の健康を願う古き良き日本の風習です。

贈る相手の住む地域のお中元の時期に合わせて用意したいものです。

お中元の時期を過ぎてしまったとしても、熨斗(のし)を変えれば贈ることが出来るので、大切な人には毎年忘れずに贈るようにしたいですね。