家事

正しい計量の仕方と分量の目安がわかる「手ばかり」と「目ばかり」

料理をおいしく完成させるための秘訣って何だと思いますか?

それは・・・

分量をきっちり計量することなんです。

「なーんだ、簡単じゃん」

って思いますよね。

でも、その量り方、本当に正しいですか?

そして、レシピの分量に書いてある「ひとつまみ」や「適量」って実際のところどのくらいを言うのか知っていますか?

曖昧な表現で料理初心者にはわかりづらいですよね。

今回は、そんな曖昧な表現で記載されている分量の解説と、計量カップと計量スプーンの正しい計量の仕方を説明していきますね。

 

計量カップを使って正しく計るには目線に注意

計量カップは、水や醤油・お酒などの液体と、小麦粉や砂糖などの粉の両方を量るときに使います。1カップ=200㏄として計量します。

計るときは、水平な場所に置き、目的の目盛り部分に自分の目線をもってきます。

また、小麦粉などの粉状のものを量るときは、量る前に軽くトントンと底を打って、空気を抜いて表面をならすことが、正しく量るコツですよ。

ちなみに、お米を計量するカップは、すりきりで180cc(←1合)です。従来の計量カップは200ccなので兼用はできません。

計量スプーンは液体と粉で計量の仕方・見方が異なる

計量スプーンは、3本セットになって販売されているものが主流ですよね。(↑上の写真は5本ですが(笑))

大さじは15cc、小さじは5cc、小さじ1/2は2.5ccの3本ですが、この中で使用頻度が多いのは大さじと小さじです。

醤油などの液体と、砂糖・塩などの粉ものの調味料を少量はかるときに使用するのですが、じつは液体と粉を計量するときの見方・仕方が違うのを知っていましたか?

私は知りませんでした(笑)テキトーに量ってました、はい。

少しくらい違ってて味にそう狂いはないとは思いますが、でも料理の基本はしっかりと身につけましょうね。

 

醤油・みりんなど液体の量り方

例)大さじ1の場合

例えば、大さじ1の場合、静かにスプーンの縁まで入れて「これ以上入れたらこぼれちゃう!」ってところまで入れるのが正しい計り方になります。

真横から見ると、表面張力で少し盛り上がって見えます。

結構これが難しくて手が震えて上手く出来ないんですよね。私は結構こぼしてしまいます(笑)

なので、シンクで計量するのがオススメです。もし、こぼしてしまっても水で流せるので楽チンですね。

 

例)大さじ1/2の場合

半量となるとわかりにくく、少なめに入れがちですが、見た目でスプーンの2/3程度が実際の1/2にになります。スプーンの上端から4~5mm下くらいまで入れるとちょうどいいですよ。

 

砂糖や塩など粉状の量り方

例)大さじ1の場合

粉状のものは、固まりのない状態のものをふんわり多めにすくってから、ヘラなどでゆっくりとすり切りましょう。

真横から見て水平になるようにしましょう。

 

例)小さじ1/2の場合

まず、大さじ1と同様に多めにすくってヘラですり切ります。それから、計量スプーンのちょうど半分(直径となる部分)のところからヘラで筋を入れ、そのまま半分落とします。

 

「ひとつまみ」など手ばかりと目で量る目ばかり

料理のレシピには、「少し」や「適量」、「味をととのえる」など、きちんと分量が書かれていないことも多々ありますよね。

この表現が実際はどのくらいなのか、だいたいの目安を覚えておくと重宝するので、ぜひ覚えてくださいね。

 

適量 味見をしながら調整する。
少々 親指と人差し指でつまんだ量。小さじ1/8相当。
ひとつまみ 親指と人差し指と中指でつまんだ量。小さじ1/4相当。
ひとにぎり 4本の指に軽く親指を添える程度に握った量。大さじ2相当。
味をととのえる 味のバランスを調整する。

 

このように計量スプーンなどを使わず、自分の手の感覚で計量することを「手ばかり」といいます。

この手ばかりの他に、目ばかりというのもあるのをあなたはご存じですか?

手ばかりは手の感覚で量るのに対し、目ばかりは見た目で量ります。

そこで覚えておくと便利な目ばかりの目安をピックアップしてみました。

  • Mサイズの卵1個…約60g
  • 味噌汁1杯の味噌の量…梅干し大(人差し指と親指で作った円 約15g)
  • バター大さじ1…バター200g入1箱を16等分したひとかけ(約12.5g)
  • ペットボトルの注ぎ口の直径…パスタ1人前の束の量(約80g)
  • にんにく・しょうが1かけ…親指1関節(にんにく約10g、しょうが約20g)

上記の目ばかりを覚えておくと、計量スプーンなどで量らなくても簡単でいいですね。

これはほんの一例です。自分専用の目ばかりをつくると料理が簡単になるので、普段から意識して計量するときっと今後の料理が楽しくなりますよ。

まとめ

料理は分量を計るのが一番面倒(←私だけ?)ですが、料理初心者さんは分量をきちんと量ることがおいしい料理をつくる一番の近道でもあります。

「手ばかり」を覚えるためにも、まずは毎回計量スプーン・計量カップを使ってきちんと量り、分量を目と手でしっかりと覚えていきましょう。

そのうち目分量でパパッと量ってササッと料理を作ることができるようになりますよ。

また「目ばかり」を覚えることでさらに料理がグッとラクになります。

ぜひ、覚えてくださいね。